読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RSは筆不精

OSやらプログラムやらを中心に自分のまとめがてらに書いていきます。

Linux MintでMozcを導入しようとしたら少し大変だった

OS Linux

どうも、初投稿になります、RSです。
正直なところまずこの話題をどこかに書きたくて、はてなブログを開設しました。

今回は、私のメイン機にデュアルブートされているLinux Mintでのしばらく昔の苦悩を書き記します。
ちなみに、私のメイン機はLinux/Windowsデュアルブートです。楽しいです。(少し前にBURGを壊しましたが...)

今回は、Linux MintにMozcというIMEを導入する時の説明をします。

そもそも、Linux MintはOSインストールを一通り終わらせただけではIMEが導入されていません。(おそらく)
そのため、IMEを導入する必要があるのですが、これはOSの言語やインプットメソッドの設定等で結構簡単に出来てしまうのです。
ただ、日本語IMEたるAnthyは中々精度の良いものではなく、マトモなIMEに変更しようと考えるものです。
そこでGoogleオープンソースIMEMozcの登場です。

Mozcは、apt-get等でも管理されているIMEで、Google IMEよりも変換の面で劣る(Google IMEは辞書がGoogleのデータを利用しており、Mozcにそのソースを書けないため)のですが、基本的な入力は行えるIMEだと思います。
使用しているインプットメソッドにもよりますが、fcitxを利用している場合

sudo apt-get install fcitx-mozc

でMozcをインストールできます。
ここまでは大層簡単なのですが、いざMozcのプロパティを開こうとするとプロパティが開かれないのです。
調べてみると、現状aptにMozcのプロパティが同梱されていないという問題があったのです。

では、どのようにプロパティをインストールするか。
解決方法はこれまたaptにありました。
プロパティのみインストールすることができるのですが、パッケージ名がGoogleで調べても出てこないのでここに記しておくことで手助けになればと思います。

sudo apt-get install mozc-utils-gui

これを終えると、やっとMozcのプロパティにたどり着くことができます。

余談ですが、Mozcをデフォルトで利用する分にはプロパティが無くとも構いません。
しかし、私は予測変換がいちいち表示されるのがたまらなくイヤなので、プロパティを導入することにしました。

今回はここまでです。
文章構成が少しおかしいですが、まあ初投稿ですのでご勘弁。
それでは、失礼します。